テーマ:社会

薬と犯罪の因果

昨今の、アメリカでの銃乱射、日本での猟奇殺人には、こうした薬害にまつわるものが少なくない。 その最たるものが抗鬱剤である。 抗鬱剤の製造シェアは、ファイザーが非常に高い。 こうしたCIAがらみの社会錯乱のための道具を作らせたら、右に出るものはいない。 安易に、薬に頼るものではない。 以下日経ネット2/2より。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more